オーナメント

もうすぐクリスマス。。クリスマスが近づくと、あちらこちらで見かけるようになるクリスマスツリー。ということで、松山店にもツリーを飾ってみました☆★☆

クリスマスツリーとは、ひと言で言うと「命の木」の象徴です!飾りつけをすることでクリスマスの雰囲気を一気に盛り上げてくれますよね。飾り(オーナメント)にはそれぞれ込められた意味があります。オーナメントの意味を知れば、また違った形でツリーを楽しむことができるのではないでしょうか!!

 

頂上の星

クリスマスツリーの飾りで特徴的なのは、一番上の先端にひときわ大きく目立つトップスターとも呼ばれる星などの形をした飾りですが、賢者を生まれた地へ導いた星とされ、「希望」や「約束が守られた印」などの意味を持ちます。

ベル(鈴)

ベルは「救い主の到来を知らせる天からの挨拶の喜びのベル」「ベルの音で迷子にならないようにということから、神様のもとに帰れること」、「ベルの音が邪を払う魔よけ」としての意味などがあります。

りんごや赤い玉

りんごはアダムに原罪をもたらした果実・エデンの園の知恵の実とされ、「豊かな実りや幸福」「生きる喜び」の意味。 赤い玉は、エデンの園にあった永遠の命をもたらす命の木の実ともされ、「永遠の象徴」ととらえられています。

杖(つえ)、キャンディ・ケーン

杖は羊飼いたちが生活の中で必需品として使用していた杖で、 ドイツでクリスマスに食べられていた白い杖に似たキャンディーにアメリカの業者がストライプの模様を加えてヒットさせたらしく、キャンディ・ケーンとも呼ばれています。 羊飼いが杖の曲がった部分で、迷った羊を引っかけて群れに戻したことが揺らいで「助け合いの心」の象徴とされています。

TOP
今治本社 松山店 CONTACT Instagram STOCK